絹布紙

「絹面(キヌモテ)」は、不燃材やMDFなどの下地材に、NC加工(機械による切削加工)を施した凹凸面に絹布紙を圧着した素材です。凹凸面に絹布紙を貼ることで、陰影が強調され、絹の光沢感をより感じていただける素材となっております。彫りの種類は基本5パターンをご用意していますが、オリジナル柄も対応可能です。彫刻のパターンと、絹布紙の51色との組み合わせで、アイデアは無限に広がります。

彫刻との相性

薄い凹凸のデザインでも十分な存在感があります。写真は数ミリほどの凹みによる彫刻です。

絹布紙

絹布紙は、「絹布紙(きぬふし)」は、国内産絹糸100%の織物に越前紙を裏打加工した素材です。 横糸の太さや紬(つむぎ)が不規則に入り、光の角度で豊かな表情を醸し出すのも、絹の染色から貼り合わせ、仕上げ加工に到るまですべて手作業でおこなわれているが故。
*絹布紙は(株)t.c.k.wのubushinaが扱う素材になります。

お問い合わせ

デザイナーの直面している課題や特注品へのリクエストにお応えします。

  • ・製品について詳しく聞きたい
  • ・イメージのデザインができるか相談したい
  • ・パネルのデザインを依頼したい
  • ・仕上げ塗装について聞きたい
  • ・納品までの流れを聞きたい
  • ・事例を紹介してもらいたい
など、過去の事例や施策を交えながら実現ができるようにお話させていただきます。

Works